フラワー電報の相場

やはり気になるのは費用です。電報のアイディアとしては最高だしぜひ贈りたいと思うのはやまやまでも、予算によっては利用を渋ってしまうという事もあるでしょう。実際にフラワー電報を送るとなった場合生花料金と手数料の他に電報料金がかかります。一般的には5000円前後で利用できるものが多いですが、花かごや花器あるいは鉢植えですと4000円前後で活用できます。花の種類や花束の大きさによってはもう少し上の予算での利用になる場合もあります

予算にもよりますがフラワーアレンジメントをほどこしたものは、見た目も豪華ですし、しばらく飾っておいてもらえる事を前提にしているものもありますから、若干高めですが大切な人に丁寧に心を伝えたいというケースならオススメのタイプです。それぞれ予算に応じて種類も選べるのはフラワー電報の魅力の1つです。

お花そのものがけして安いものではありませんから、ここまで心を込めたプレゼントをくれたという事で、お花も去ることながら贈る人の心遣いに感動してもらえやすいのがフラワー電報の良さでもあるのです。お花を添えるだけで気持ちを手軽に伝える事ができるなんて、贈る方もうれしくなります。インターネットが当たり前になっている時代だからこそ心と心をつないでくれるフラワー電報を前向きに利用してみたくなります。

生花の種類も様々

フラワー電報を扱っているのは通信会社はもちろん生花店から直接申し込んで贈ってもらう事もできます。生花というと豪華絢爛な花束というイメージを持ちやすいのですが、種類が大変豊富で贈り方も様々です。花束の種類は花の種類だけありますし包み方は鉢植えで贈る形や開店祝いに最適なスタンドタイプ、花器に盛られたタイプ、花嫁さんに最適なブーケ、花かご、観葉植物にして産地直送で、生花の詰め合わせボックスタイプ、メッセージカードを添えてというように生花だけでこれだけの種類があるのです。

ボックスフラワー電報
引用 {ボックスフラワー電報で大切な人へ想いを届けます|レペトワール}

どのタイプが選べるかは店舗によって違いますしネットからの通販という形でも申し込めますから、じっくりと店舗を探して回るのが良いのではないでしょうか。予算に応じて花束の大きさも調節できる場合も多いです。地域ごとの習慣や季節によって花束の種類や贈り方もアドバイスしてもらえますから、気軽に問い合わせてみましょう。

中には生花の花かごにマスコット人形を添えて贈るというサービスも見つける事ができますから、入学祝いもしくは入園祝いに贈ると男の子でも女の子でも気兼ねなく贈る事ができるでしょうし、子どもたちからも喜ばれるかもしれません。

フラワー電報について

今の時代インターネットが普及していますから電話や手紙などを使うよりも、はるかに手っ取り早く要件を送る事ができて大変便利です。しかも海を越えて地球の裏側にまで瞬時に送る事ができるのですから、手紙などまどろっこしい方法を使うなんてばかげていると考えてもおかしくありません。電話という方法もありますが電話は相手の時間を奪う事になり場合によっては迷惑になります。

実際うまく第三者とのコミュニケーションをとれない若者が増えていて、社会問題にもなっています。便利さと引き替えに心のつながりが希薄になってはいないでしょうか。それなら電報はいかがでしょうか。ただの電報ではなく美しくアレンジされた生花の花束を添えた電報は、手にした人を笑顔にさせるばかりか周りもパッと明るく心和む一時を与える事ができます

よほどの事が無い限り花が嫌いという人はいませんし、ただの電報は読んでしまえばゴミになるだけですが花束はしばらくは飾って楽しむ事ができます。花束を贈る機会なんて日常ほとんどありませんから、どういう時に贈るのだろうと不思議に思う人もいるかもしれませんが、実は生花を使うシーン想像しているよりもずっと多いものなのです。

たとえばしばらく合っていなかったふるさとの友達や家族に、お誕生日プレゼントの代わりに生花のフラワー電報を贈るというのはどうでしょうか。お悔やみ電報も、弔問を贈るだけではなく生花を贈る事で、より気持ちが伝わりますし敬老の日に大好きな祖母や祖父に贈るというのも喜ばれるでしょう。その他開店祝いやもちろん結婚式のお祝いにもフラワー電報は大変喜ばれる事請け合いです。